2010年03月31日

SGマークの安全性

SGマークの安全性


 製品の開発や性能向上につながっていますが、機能面の利便性は製品をより複雑な構造にする要素ともなっていますね。


 複雑な構造の製品は安全性のチェック項目も増加していくものです。

 

 高齢化が進む社会では、身体的機能等が衰えた高齢者がいかにその製品に関する情報を得て使いこなすか難しい課題になっています。


 激しい価格競争の中で安全性という最も重要な品質が確保されているかという点にも消費者の関心が高まっていますね。

 

 (財)製品安全協会では、消費者の視点を重視しつつ製品の安全性に関する認定基準を作成、その基準に合格した製品にSGマークを表示しています。


 製品を購入する際は、SGマークを目じるしにすると、安全性が高く、安心してお使いいただける製品というものになりますね。


 SGマークの安全性に関する認定基準はどのような観点から作成されているのでしょうか。


 事故を未然に防止するには、製品の品質の安全性が高いこと及びその製品に合った正しい使い方をすることが必要になってきます。


 SGマークの認定基準では、安全性品質、表示及び取扱説明書について規定しています。


 安全性品質としては、外観・構造、強度、安定性、材質など製品の安全性に関する重要な項目にそれぞれ定めています。


 取扱説明書については、わかりやすいように大きな文字で目立つように表示、間違った使い方をしないため、使用上の注意事項を定めています。


 
 こういう基準があるので、消費者は安心して商品を選ぶことができるのですね。


 マークがついているからといって安心してはいられません。正しい使い方を守らないと事故に繋がってしまいますね。

 
 大丈夫だろうという油断が大きな事故に繋がってしまいます。まずはどんな商品も取扱説明書をしっかり読むことが必要になりますね。


 自分は大丈夫でも、子供が被害者にもなってしまう可能性がありますね。ベビーカーを扱う=子供の命を扱うということですもんね。

 


≪関連記事≫

SGマーク制度とは
ベビーカーを振り返ってみて
多機能ベビーカーとは

 

posted by ポッポン at 21:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。